俺とノコギリヤシと頻尿の関係性とはw

俺とノコギリヤシと頻尿の関係性とはw

MENU

女性に多い頻尿には、様々な原因が潜んでいます

一般に平均的な尿の回数は昼間は4~5回、夜間では0~2回と言われていますが、年齢を重ねていく内に、肝臓の尿を濃くする力が低下して行く事により、尿の回数は多くなりがちです。
頻尿とは、これら平均的な回数よりも多い事を指しますが、尿の量が約150tたまると軽い尿意を感じ、250t程度で強い尿意を感じるとされていますので、小さい時から軽い尿意でもトイレに行く習慣のある人は、平均よりも回数が多いからと言って、生活に支障が無ければ心配する必要はありません。
しかし、頻尿や尿漏れには、様々な原因や病気が潜んでいる事もある為、回数だけではなく一日の尿量が異常に増えたり、尿が出るまでに時間がかかったりなど、他の自覚症状と合わせて注意が必要です。
男性の場合は、前立腺肥大症などが考えられますが、女性の場合には、膀胱炎によるものや子宮筋腫など膀胱周囲の臓器の異常などで膀胱が圧迫されている可能性もあります。
また、妊娠や出産を経験すると骨盤が緩み、尿をとどめておく機能がバランスを崩してしまったり、普段から冷え性の人や、強い冷房がきいた場所に長時間いる事によって膀胱が縮んでしまい、頻尿になる事もあります。
また、ストレスなどの心因性が原因で起こる頻尿もあります。日常生活の中で、緊張する場面が多い人が、過度に尿意を気にするようになると、それが普通の人なら軽い尿意の量でも強い尿意に感じてしまい、必要以上にトイレに行く回数が増え、出掛ける際にも「急にトイレに行きたくなったらどうしよう」と不安になってしまう、これを神経性頻尿と言います。

頻尿の原因について

頻尿とは、排尿の回数が増えることです。1日の排尿回数は、年齢や季節水分摂取量などによって変わってきますが、成人では日中に4〜6回、夜間に0〜1回程度です。頻尿は排尿回数が1日に8回を超えるものと定義されています。
原因は大きく分けて5つあります。
1つ目は器質的に膀胱容量が減少している場合
2つ目は機能的に膀胱容量が減少している場合
3つ目は過活動膀胱
4つ目は膀胱粘膜の刺激によるもの
5つ目は多尿によるものです。
1つ目の器質的に膀胱容量が減少している場合は、妊娠時です。
妊娠して大きくなった子宮が膀胱を圧迫するために頻尿になります。
また、子宮筋腫などの腫瘍が膀胱を圧迫している場合にも見られます。
2つ目の機能的膀胱容量の減少は、結石などで下部尿路が閉塞している場合や抗コリン薬などで膀胱の筋肉が収縮しやすい状態になっている場合や神経因性膀胱と言って、排尿に関する脳・脊髄・末梢神経のいずれかに障害があるためにおこる頻尿です。
過活動膀胱は尿意切迫感(もうだめ、漏れそうと言う感覚)が主症状の症候群で、高齢者に多く失禁することもあります。膀胱粘膜の刺激は、膀胱に結石があったり、膀胱炎があるために、膀胱が刺激されて、尿意を催すと考えられています。
多尿は、心因性多飲やドライマウス、糖尿病などで飲水量が多いために、尿の排泄回数も増える状態です。
多尿による頻尿では、1回の尿量も多いのですが、その他の頻尿では1回量は少なくなることがほとんどです。
1日の排尿回数が多い場合はこれらの原因が考えられます。
まずは、泌尿器科を受診しましょう。

頻尿の原因となる病気や行為

頻尿は、排尿する回数が多いことです。
昼夜を問わず起きるため、夜にも何度も目が覚めてしまう事も有ります。
似た言葉に多尿がありますが、こちらは1回の排尿時の量が多いことを指して言います。
排尿の回数は健康時であっても頻尿時であっても人によって違いますが、一般的には1日に8回以上排尿がある場合、頻尿とされています。
発生する原因には、過活動膀胱、残尿、尿路感染症、尿道腫瘍、水中毒、糖尿病、膀胱炎、心因性といったものがあります。
例えば過活動膀胱は膀胱に尿が十分に溜まっていないのに尿がしたくなる症状です。
残尿は文字通り、尿がすべて排出されずに残ってしまい、排出させようとして回数が増えてしまう事です
。前立腺肥大症という病気が関わっており、男性に多く見られます。
一方女性に多い原因は膀胱炎で、膀胱炎自体も女性がかかり易い病気である為、結果として発症件数が多くなってしまうのです。
心因性は訳も無くトイレに行きたくなってしまうもので、他の原因と比べると眠っている夜間に起こることが無いという点が特徴です。
それ以外にも、服用した医薬品の副作用として起こる事が有ります。
水中毒は水の過剰摂取により起こる病気ですが、そこまで行かずとも、飲み過ぎることで頻尿に成る可能性も高いです。
この場合は、水分の摂取を控えれば症状は改善しますが、他に原因がある場合はそれが何かを明らかにします。
多くが病気に関係しているので、原因が不明の場合は泌尿器科に相談するのも一つの方法です。

更新履歴